2012年08月04日

冷蔵庫のうるさいコンプレッサー振動を軽減させる防振ゴム!

一人暮らし用の、小型冷蔵庫の場合どうしても定期的に作動する
コンプレッサーの音が気になる場合があります。

コンプレッサーは冷蔵庫内の温度が上がってくると、
圧縮したガスを送り込み、余分な熱を回収する装置です。

大型タイプではコンプレッサーをインバーター制御(電子制御)して、
回転数を変化させ連続運転をしています。

インバーター制御とは、どの程度の割合でコンプレッサーを稼動させれば
温度を一定に保つことが出来るか、自動で判断できる機能です。

冷蔵庫が冷えているときは低速回転で運転することで、
常時最適温度を保つことが出来ます。(※この機能は省エネにも役立ちます!)


小型タイプではこの制御がなく、
一度内部が冷えるとコンプレッサーが停止し、
扉を開けるなどして内部の温度が上昇すると再び稼動します。

このように、”ONとOF”の制御しか出来ないので、
どうしてもコンプレッサーの音がうるさいと感じるのです。
(※稼動時ではモーターがフル稼働するため、、、)



なぜ小型タイプはインバーター制御がないの?


これは単純にコストの問題があるのだと思います。

インバーターを導入すれば、最低でも商品価格が2万円は高くなるそうです;;

以前50L以下の小型タイプで、
インバーター制御の商品を見かけた事がありますが、
値段は5万円以上と驚くべきものでした;


需要がまっくないわけではないでしょうが、
間違いなく売れ筋の商品にならないのでメーカーも力を入れる事が出来ません。

製造コストが同じなら、売れ筋の大型タイプをたくさん作ったほうが
メーカーとしては、いいわけです。



小型冷蔵庫の静音性をUPできるかもしれない商品





本来こちらの商品は、
洗濯機の騒音を抑えるために売られているものなのですが、
利用者の口コミで以下の様な意見がありましたのでご紹介しようと思いました。




<利用者のレビュー>

一人暮らし用の小さい2ドアタイプに使ってます。
ワンルームなので、コンプレッサーの音が気になり購入しました。
設置しての結果は、低音は少なくなりましたが、
完全に音がしなくなるわけではなく、音の種類が変わりました。
騒音はだいぶ改善したので、購入してよかったです。


電子レンジなどをトップ部分に載せている場合、
共振してしまうこともあるようで、
載せてるものをどかした場合に騒音が改善されることもあります。

冷蔵庫の上に、電子レンジを載せている場合などでも、
本品を設置する事で、音が小さくなりました。(ここまで)


音(振動)が気になっている場合には一度試してみたい商品ですね。

タグ:防振ゴム
posted by 五島祐三 at 12:06| 一人暮らし用冷蔵庫を選ぶポイント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。